子供がわきがかもしれない!そのとき選んだ対策は?

わきがの臭いを減らせた対処療法

最後の取り組みとして、できるだけ汗をかく機会を減らすように調整しました。
結果的にこの方針は間違いでしたが、そのときは汗をかかなければ臭いはマシになると認識していたのです。
たしかに汗をかいていない間は臭いを抑えやすくなります。
しかし、いったん汗をかき出すと以前より臭いが強くなったように感じました。
汗で押し出されなくなった分だけ、わきに臭いの元が蓄積するようになったというのが当時の感想です。
必要以上に汗をかく必要はありませんが、毎日適度にかいたほうが良いと理解しました。
とはいえ、いろいろと忙しいのでスポーツの時間は確保できません。
少なくともお風呂はシャワーだけで済まさずに、15分は湯船に浸からせるようにしました。
スポーツをするときの対策としては、こまめにタオルでわきを拭いて着替えさせるようにしました。
これらの取り組みを始めて2カ月ほど経った頃から、あまりわきがの臭いを感じなくなってきたのです。
最初は一緒にいる時間が長いので慣れただけのように感じました。
そこで祖母に頼んで臭ってもらったところ、ほとんど分からないというのです。
成長にともなって再発する可能性がないとは言えませんが、今のところは医療機関で診てもらう必要性を感じていません。
念のためケア用のクリームも使っていますが、それで十分というのが現在の認識です。

わきが対策に食事の内容を見直す : ストレスを避け汗と臭いを軽減させる : わきがの臭いを減らせた対処療法